FC2ブログ

ブログ姉妹

東北の温泉・ご当地グルメ・観光地をご紹介!仙台在住、20代半ばの妹と30代前半の姉が、家族と東北遊びを満喫中ー♪ ※掲載当時の情報ですので、注意してください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くずまき またたび風レモン

216.gif  くずまき またたび風レモン

 ■販売者
   新岩手農業協同組合
   岩手県岩手郡滝沢村鵜飼字向新田7-76



190g

「またたび」と書かれた缶。

なかなか見る機会はないものですが、岩手県の自動販売機で出会いました。

旅先での非日常的な出来事です。



思わず凝視してしまう一品。

良く見ると「ジュース」とも明記されてませんね。

自動販売機になので、買ってから手に取り、
裏に「清涼飲料水」と書いてあるのを見ました。

パッケージの「またたび」と「レモン」と「牛」。
なぜこの3つが、1つになってるのか。
小さな缶から、不思議な雰囲気が出ています。

飲む前からすでに いろいろ ドキドキです。





プシュッとコップにあけてみますと、ほのかに黄色みを帯びてます。



意を決して(?)飲んでみると、意外と飲みやすい。

薄味ですが、洋ナシのような、マスカットのような、さわやかな味わい。


しかし肝心の「またたび風」ですが、よく考えたら またたびを食した経験がないため、
近いのか遠いのかすら よく分かりませんでした

でも普通「○○風」とするなら、一般的になじみのあるものを
持ってくるもののような気が…。

缶には またたびと思われる葉っぱのイラストが描かれていますが…



なにか見慣れない実がなっています。

ちなみに原材料名を見ると、またたびとレモンのいずれの果汁も
ちゃんと入ってるようでした。(2%ですが)

ではなぜ「またたび」と言う必要があるのか。


飲む前も飲んでからも、謎なジュースなのでした。


販売者:新岩手農業協同組合 公式HP
http://www.jaiwate.or.jp/shin-iwate/index.html


応援よろしくお願いします

ありがとう☆  ありがとう☆


↓岩手をもっと知ろう


スポンサーサイト

| グルメレポート | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikan101.blog120.fc2.com/tb.php/792-4ec685a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。