FC2ブログ

ブログ姉妹

東北の温泉・ご当地グルメ・観光地をご紹介!仙台在住、20代半ばの妹と30代前半の姉が、家族と東北遊びを満喫中ー♪ ※掲載当時の情報ですので、注意してください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

盛岡納豆



  盛岡納豆



■製造元
?丸勘商店
岩手県八幡平市松尾寄木12-1-25
TEL 0195-78-3710



岩手の納豆製造販売の老舗、丸勘商店。

今年、八幡平で毎年秋に行われている山賊まつりに行ったところ、
丸勘商店も参加していて、数あるテントの中でも活気があり
元気な会社だなぁという印象がありました。


80g たれなし

商品パッケージに「日本初工業化第一号」と書かれています。

どういうことでしょう?


公式ページによると…

  大正10年、当時の盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)の
  村松舜祐博士の下、産学協同で「納豆製造の工業化」に貢献したのが
  創業の原点。以来89年にわたり、栄養価が高く「庶民の味」
  として古来より愛され食べ継がれてきた納豆を作り続けている。

とのこと。


「工業化」という部分がどうも分かりづらかったのですが、
ネットで調べていると、下記の記述を発見。

  その昔、納豆はわらの中に含まれる天然の納豆菌でしか作れませんでしたが、
  村松博士が納豆菌の純粋培養に成功。
  その研究の助けをしつつ熱心に教えを受けていた業者の中に、
  丸勘商店創始者がおり、博士の直接の指導のもとに一般家庭向きに
  大量生産する工程を産学共同で研究開発して誕生したのが「盛岡納豆」。

つまり、昔ワラでしか作れなかった納豆を、
工場で大量生産することを「納豆製造の工業化」といい、
その第一号が盛岡納豆、というわけですね。




開けてビックリ。納豆の粒の大きいこと!

パカッ
変換 ? 2

中粒?小粒が主流の今、特にパッケージには大粒とも表示がなったので、
意表を突かれました。

ご飯つぶとの比較で分かるでしょうか?

一応製造元の規格では中粒らしいです

大粒は大豆の味を味わえるので、個人的にとっても好み♪

大豆は岩手県産のものを使用。

また、水は地元日本名水「金沢清水」を使用しているそうです。


おいしく頂きました。

ごちそうさまでした☆



       他にもあるある 丸勘納豆♪

※画像は商品詳細にリンクしてます

  


製造元:?丸勘商店 公式HP
http://www.marukan-natto.jp/


応援よろしくお願いします

ありがとう☆  ありがとう☆


↓岩手をもっと知ろう


スポンサーサイト

| グルメレポート | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そーいえば

我が家で愛用(?)している「宮城野納豆」にも「何とか博士」がどーしたとか書いて有りました。
昔は博士がよく納豆研究してたんですね(笑)
工業化って言っても、工場で大量生産する系(「おは○う」とか)のはキライなので、こぅぃぅ地元の納豆をよく買います。。

| ぱんだ(親) | 2010/12/20 09:46 | URL |

>親ぱんださんへ
宮城野納豆、おいしいですよね♪
納豆好きの私の原点です。
自分でも忘れてましたが、そういえば以前このブログでも宮城野納豆の三角納豆をご紹介してました。
 コ レ
  ↓
http://mikan101.blog120.fc2.com/blog-entry-511.html
宮城野納豆も歴史ある納豆のようです。
地元系じゃない大量生産系の納豆も、安いのでお世話になってますが(^v^;)ゞ、やはり地元系が一番ですよね☆

| mikan | 2010/12/20 09:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikan101.blog120.fc2.com/tb.php/794-585d3107

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。